腎臓病は食事療法で治すのが基本!カロリー抑えて食事を楽しむ

介護

食事制限を支持されたなら

笑顔

食事制限されても、必要以上に我慢する必要はありません。最近は制限内でも美味しい料理を提供してくれる健康宅配の業者も多くあります。また、冷凍で配送されるので自分が思うより宅配が有効な範囲が大きく、数日分をまとめて送ってくれるので受け取る手間も省けます。

もっと読む

サービス向上と比較の必要

医者

腎臓病食は制限食の中でも最も制限が厳しいものであり、宅配の食事を利用するのが便利です。合併症をもってさらに厳しい食事制限が課される人にオーダーメイドの食事も提供されるようになると予想されますが、そうなると業者間でのサービス比較の必要性が上昇することになるでしょう。

もっと読む

タンパク質制限と高脂肪食

笑顔

タンパク質の制限が特徴

腎臓病の食事療法の特徴はタンパク質の摂取量に制限があるということです。高血圧の場合には塩分を控え、糖尿病の場合にはカロリーを控えるといったように、それぞれの疾患において改善や合併症の予防になることを行っていくのが食事療法の基本です。腎臓病の場合には血液中のアンモニア濃度が高くなってしまうことによって脳に障害が出てしまうリスクがあるため、その予防を行うためにタンパク質の量を制限するというのが基本となっています。タンパク質は食事における窒素源であり、アンモニア濃度を上げる原因となってしまいます。腎臓病になるとその排出がうまくできなくなる場合が多いため、タンパク質に重点を置いた食事療法を摂るようになっています。

意外に役立つ高脂肪食

タンパク質の摂取量を減らすということが腎臓病の食事療法において重要ですが、カロリーが不足するようになってしまっては命に危険が生じます。そのため、結果的に炭水化物や脂肪を比率として多くとっていかなければならなくなります。肉や豆といったものは脂肪もありますが、高タンパク質なのであまり食事に適さないものになってしまうと考えてしまいがちですが、意外に贅沢ができるということを知っておくと良いでしょう。霜降り肉やトロは高級食として知られていますが、意外にタンパク質が少なく、脂肪分が多いという特徴があります。そのため、カロリーが過剰にならないように少し食べるという分は問題がありません。こういった高脂肪食がかえって役に立つことがあるので、腎臓病の患者は食事の際に活用していきましょう。

薬だけではない治療法

看護師

栄養療法という治療法があります。その治療法は、薬だけに頼らずに、足りない栄養を補うことで、患者の健康状態を良くし、患者自身の生活の質を高めるだけでなく、医療費の軽減にもつながる、国や自治体にも効果のある治療法です。

もっと読む